「避暑地の家」

「避暑地の家」は文字通りセカンドハウスとして計画された物件です。
あくまで心と体を休めるための「家」にすることが大前提ですから、
余計なものはとことん削ぎ落とし、快適性において大切なところには、
一切の妥協を許さず、徹底的に居心地のよさにこだわりました。
そうしてミニマルなカタチを追求していった結果、私たち藤川建設の
家づくりの考え方や姿勢を明確に表現する結果になりました。
あえて一般住宅ではなく、こうした物件をご紹介することで、
私たち藤川建設に、少しでもご興味をもっていただけたら幸いです。