「中原の家」


分譲住宅地の角地に計画した家は2方向が道路に面している為日当たりは良好でした。しかし、日当たりの裏側には外部からの視線も多いという事です。

各部屋の位置の計画はもちろん窓の高さや位置、光庭の計画等外部からの視線を外しながら通風と採光を最大限に取り入れる計画とする事ができました。

床面積は外部駐車スペースの確保上コンパクトとなりましたが、極力天井面を連続させて、視覚的に広々と感じられるように配慮を行いました。

物干しスペースもしっかりと確保した事で視線を気にせず洗濯ものを干す事ができます。

玄関前は大屋根によりしっかりとしたアプローチとなり雨の日にも安心して建物にアクセスする事ができました。コンパクトである事で使いやすい家となりました。