「循環型の家」の提案

親世帯+おばあちゃん・子世帯
平屋棟は親世帯が暮らし共用の玄関棟を挟んで2階棟は子世帯が暮らす住まいです。玄関を共用とする事により『2棟』が寄り添う形となり、安心感のある程よい距離感の2世帯住宅が完成しました。

1つの家で2棟が存在すると一見、無駄が多いいのでは? と考えがちですが、長い時間の中で家族の世代交代が起きた場合《子世帯が親世帯へ、孫が世帯を持ち子世帯へ》そんな【住まい手の循環】が行われ資源が有効に利用されると、わたしたち藤川建設は考えます。