「伊勢山の家」


雨に日に肩の出る傘では体は濡れてしまいます。もし邪魔にならないのならなるべく大きい傘の下に居たいと考えます。

四六時中外に居る「建物」も同じ事と考えなるべく軒(傘)を深くして壁(体)を濡らさないようにしたいと考えます。

軒の深い屋根は室内が暗くなりがちですのでガラス屋根でカバーします。

玄関前にも十分なスペースを計画をして、傘を安心して差して出掛ける事が出来ます。