「まるで木を育てるように」

職人の勘や技術は一朝一夕に身に付くものではありません。墨付け・木配り・手刻みと・・・、一人前の大工になることは10年以上にもおよぶ経験を経て、身につけていく地道な作業です。わたしたち藤川建設は後世に技術を継承していくため、まるで木を育てるように次世代の大工の育成にも力を入れています。