「先人のプライドを受け継ぐ」

30年以上の経験をもつ棟梁でも、上棟の前夜はさすがに緊張するといいます。「あそこは大丈夫だったか」と、自らの手で加工したすべての材を頭の中で回想することもあるのだとか・・・。伝統の木組みによる建物の耐久性は歴史的建造物が現存することでも証明されています。それは当時の職人たちの確かな想いや責任が宿っているからではないでしょうか。合理化が進む現代でも、わたしたちは先人と同じ想いで家づくりをしてまいります。