「手刻みにかける想い」

わたしたちが手刻みにこだわるのは、木材を小さく加工することなく、また無駄にすることなく、できるかぎりありのまま材の大きさを活かした家づくりをしたいからです。これを実現するためにはプレカットなど機械による加工などの合理的な方法を用いては実現できないのです。こうした熟練の職人による丹精込めた手仕事は、ご家族が末永く愛着をもって住んでいただける家づくりにつながると信じています。